アンカーポイント アンカーポイントに移動する

台中観光トラベルサイト

アンカーポイント

緑川水岸廊道

リリース日:2024-06-04 3885

紹介

アンカーポイント
中区緑川はもとの名を「新盛溪」といいましが、1912年に改名されました。日本統治時代の台中「小京都」計画における中心となった河川です。小さな新盛橋(現名称「中山緑橋」)は当時「台中八大夜景」の一つに数えられました。

緑川の水辺は自然とアートをテーマに、パブリック・アートを導入。水という要素を十分に運用し、多様でクリエイティブなアート空間が広がり、アートと文化が香るウォーターフロントができあがりました。付近には宮原眼科、中山緑橋、桜橋遺跡などの歷史建築もあり、過ぎし日の記憶をたどることもできます。台湾固有の樹木、護岸に垂れ下がる植物を植えることで形成された景観は、緑川に新たな散策道を生み出しました。

写真の一部は台中市政府水利局提供 著作権は台中市政府水利局が有します

インフォメーション

住所
台湾台中市中区緑川西街135号

サービス施設

  • ガイドレンガ
  • 出入り口スロープ
  • 身体障害者用駐車場

アクセス方法

ページの先頭に戻る