アンカーポイント アンカーポイントに移動する

台中観光トラベルサイト

アンカーポイント

台鉄台中駅ˍ旧駅

リリース日:2024-04-08 399

基隆駅を起点とすると、台中駅は193km252mの地点にあり、中部地区最大の駅。台湾西部鉄道縦貫線の中心でもあります。東区新庄里にある新駅付近には路線バスや長距離バスの運行会社が集まり、利便性の高い交通網を形成しています。1905年5月15日の運用開始に続き、1908年4月1日には台湾西部縦貫鉄道が全線で開通。同年10月24日には台中公園で全線開通式典が執り行われました。1995年内政部により国定旧跡に指定されており、歷史と建築的意義が高い駅です。

紹介

アンカーポイント

現在では運行に使用されていません。台鉄ご利用は新駅へどうぞ。

レジャー攻略

◼️台湾で最もよく保存された台鉄駅の一

◼️新駅、旧駅、一代目駅「三世代がそろった」駅

車站前廣場
台中火車站夜景
第一代台中駅は木造建築で、日本統治時代の明治38(1905)年に作られましたが、スペースが足りないということで、大正6(1917)年に第二代台中駅が建てられました。レンガ造りのリベラルで古典的なスタイルの建物です。中央の尖塔とファサードの切妻、屋根は銅板瓦で葺かれ、台湾に現存する、もっとも完全な台鉄駅の一つです。
 

台中百年火車站


舊站與新站

駅前には広場、花壇、周辺には道路、歩道、バリアフリー通路などが整備され、現代都市に求められるレジャースペースを備えた現代的な駅前の機能を完備し、百年の歴史を誇る駅舎と一体に溶け合った景観は、歷史、再生、活性化の象徴です。
舊站廣場空拍圖

旅行時間を推奨 - 0.5-1時ごろ

インフォメーション

住所
台湾台中市中区台湾大道一段1号

サービス施設

  • ツーリストサービスセンター
  • 展示ホール
  • 売買
  • 公衆電話
  • 駐車場
  • 公共のトイレが
  • バス停留所
  • ネットワーク

アクセス方法

ページの先頭に戻る